Summer After College Graduation…

Hello again! I am still alive and well. How do you do everyone? 

While I have not written anything, I have submitted my undergraduate senior thesis about one of my favorite contemporary artists, Wenda Gu. Also… I finally, successfully, graduated from my college! Yay!

So, what is up now? My life after receiving my not-so-cheap Bachelor’s degree in the US.

 

Last April, I got accepted to an summer internship position in the Asian Art Curatorial Department at the Indianapolis Museum of Art in the Newfields’ complex–which has been truly an amazing experience for me. My friends often ask me, “What does museum curators do??” Here is a quick answer; museum curators acquire artifacts to enrich the museum’s collection, conduce research on the artifacts, and plan the exhibitions using artifacts from, in the aim of telling a certain story to the museum visitors. I learned how to read classic Japanese scrabbly handwritten in paintings. I learned how to hundle hanging schools. I practiced how to write art labels. I do so many different things everyday, which never makes me feel bored from working in this museum.

I am in love with the idea of working as a Curatorial Assistant, which is literally an assistant of curators, part-time workers in the museums. (Please note that 99% of the museum intern positions are unpaid. Most of the art museums are so tight in money, even though they do not seem like it when we look at the clean splashy façade of the museum buildings.) If you want to get a Curatorial job in any country, almost unquestionably, you need a Master’s degree at least. So, here I am. I started looking up Art History graduate programs, once again, the ones in overseas from my home country, Japan.

We will see how the things goes. I gave up application process to the graduate schools last fall. At the time, I was simply not ready both mentally and logistically. But, now I believe that I am much more prepared than the last time I tried. I will start writing more about Japanese Art in this blog because, one; I need to be more knowledgeable in Japanese art history, and two; simply because I think Japanese artworks are so cool and beautiful, and they deserve to be seen and known more.

Please leave a comment if you have any type of artworks or artists from Japan that you favor–please, though, keep the range within Fine Arts. Artists from Pop culture is not the area where my research interest belongs. Thank you for reading!

* — ** — ** — *

日本語のサイトではいろいろと書いていたのですが、こちらのウェブサイトは何ヶ月も放置してしまいました。皆さまお元気にお過ごしでしょうか。

こちらのブログを更新していなかった間に、ひとまず卒業論文を提出し、無事にアメリカで大学を卒業しました。今は、インディアナポリス美術館で学芸員さんのもとでインターンとして働いています。

学芸員さんって何をする人なの?」と周りからよく聞かれます。業務にはいろんな活動が含まれますが、簡単に言うと、美術館の学芸員は、美術品を収集してコレクションに加え、美術品に関する調査をし、そのリサーチをもとに美術展を計画する人です。このインターンが本当に楽しくて!ひとまず学芸員補(学芸員の業務を補佐する人で、美術館のパートタイムポジション)を目指したいと思うようになりました。そのためには、どこの国に行くのであれ、少なくとも修士は取っておいたほうがいい。そこで、もう一度、海外の大学院に出願することにしました。

 

昨年の秋にも出願を試みたのですが、さまざまな理由が重なって締め切りに間に合いそうにもなく、断念しました。今回はまだ出願締め切りまで時間も余裕もあるので、前回の反省も活かしてちゃんとやりきれるのではないかな、と思います。専門研究エリアは暫定的に、江戸後期から近代までの日本画、版画/創作版画に絞るつもりです。日本の大学院への出願は、いまのところは考えておりません。けれど研究団体などの情報をお持ちの方がいらしたら、コメントよりシェアしていただけると、とても助かります。

大学では美術史専攻でしたが、大学のリソースの関係もあって、日本のことはあまりしっかり勉強してきませんでした。と、いうことで、今後は日本美術作品や作家のことを調べ、こちらのサイトにアップしていけたらと思います。自分の勉強のために、というもありますが、日本美術にもすばらしい作品がたくさんあるので、西洋絵画やポップカルチャーに負けず劣らず、知ってもらう機会が増えたらいいな、と思うからです。

 

16年間学校に通い続ける日々を送ってきて、大学を出たあとの人生がどうなるのか、あまり予想がつかなかったけれどーー、いま、とっても楽しいです。大学を出たら、お金の心配する以外は、うんと楽になるよ。半年前の自分にそう伝えられたらいいのにと思います。Let’s see how it goes!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
↑クリックで応援していただけると嬉しいです!

Leave a Comment

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s