What is Hanover College Like? —ハノーバー大学ってどんなところ?

IMG_E7384.JPG

(日本語は英語テキストの下にあります。)

*****

Hanover College is the place, where I now call my home.

Hanover Locates in southern Indiana, in the USA. If you are not familiar with the geography of the states, Indiana state is colored in red on this map.

 

スクリーンショット 2018-02-03 午後10.06.40

 

The college was established in 1827 as the first private college in the state, and its total number of the enrollment is 1,133 (at the current point of February 3, 2018). So, it is a fairly small college.

 

In 2015, Princeton Review ranked HC as the “14th Most Beautiful Campus in the USA.” You can take a virtual campus tour on the college website if you would like.

 スクリーンショット 2018-02-03 午後7.04.39

*****

What I love about Hanover is the closeness between its students and the faculty. Unless you are in an introductory science course, you will see only around 10 students in each class.

Many of those classes, especially humanities ones, are based on discussions. Because of this small class size, professors remember students’ faces and names, and they always welcome their students to visit their office. Hanover creates a close community within itself.

 

Coming here, some international students might struggle with academics. First, we do not have any ESL (English as a Second Language) courses at Hanover, which means that you are going to take all of your classes with native speakers from your very first semester here.

You will also be required to read A LOT before every class to prepare for the in class discussions. On top of that, unless it is math or hardcore science course, each course requires you to write at least three or four academic papers per a semester.

 

Overall, it could be hard for international students, especially the ones who are not familiar with English like me, to do well in the classes–unless you major in something that you are super good at.

 

I did not grow up speaking much English, so it has been super challenging for me to maintain good GPA here. I remember how painful my first semester of freshman here. I needed to take several classes, which I had never learned prior to the college, to fulfill my general education credits. I got a D in my first Economics’ mid-term exam–and was often crying in the basement of my residence hall in the night because I could never finish nor understand my reading assignments for my Theology class.

 

Luckily, the closeness between students and Hanover faculty helped me out.

I went to see my professors every week and asked what were the key points discussed in the class. Whenever my professors saw me getting behind, they provided me help and resources.

Many of the professors here count student’s effort toward the grade, which raised my grades at most a half letter, I would assume. My friends, who go to the big universities, say they never experienced this merciful attitude from their professors. Hanover pushes you hard, but if you could push back that pressure as hard as you can, you can always find some help. That is what I think another beauty of Hanover beside its campus.

 


 

ハノーバー大学(以下ハノーバー)は、私がアメリカで「私の家」と呼べる場所です。

ハノーバーはインディアナ州の南の端に位置しています。(地図で赤く縁取られているのがインディアナ州です)

スクリーンショット 2018-02-03 午後10.06.40

この大学は、1827年に州で最初の私立大学として設立しました。201823日現在の生徒数は1,133名、とても小さな大学です。2015年のプリンストン・レビューにて「アメリカ国内で最もキャンパスの美しい大学ランキング」の14に入りました。

 

そんな自然豊かなキャンパスを、ご興味のある方は、大学のウェブサイトからバーチャルツアーで巡ることができます。

 

スクリーンショット 2018-02-03 午後7.04.39

 

私がハノーバーを好きな理由の一つは、生徒と教授陣の距離の近いこと。

多くのクラスは先生1人に対して生徒は10人程度、クラスはディスカッション形式で進むことが多いです。受け持つ生徒数が少ないからか、教授は生徒の顔と名前を覚えていて、オフィスを訪ねたらいつでも親身に質問に答えてくれます。オフィス時間外でも、生徒と教授間で交流があることもしばしば。大学自体が緊密なコミュニテイを形成しています。

 

留学生にとってここに入学してから大変なのは、やはり学業かと思います。

ハノーバーにはESLがないので、入学して最初の学期から、全授業を地元のネイティブの学生と一緒に受けます。

クラス内で多くディスカッションをするため、授業前までに読まなければならないリーディング課題が、毎授業ごとにかなりの量でます。

さらに文系のクラスになると、多くは学期中に少なくとも三つか四つはレポートを提出することになります。英語に慣れていない留学生にとっては、相当予備知識を持っていて得意な科目でないがぎり、クラスでいい成績を維持するのは難しいです。

 

日本に生まれ育ち、英語に触れる機会は多くなかった私にとって、ここでの1学期目は、特に大変でした。

大学に入るまで触ったことの一切なかった経済や宗教学を履修しなければならなかったこともあり、経済の最初のテストではD(約65%)をとってしまったり、宗教学のリーディング課題が膨大すぎて毎回授業までに終わらなくて、(そもそも読んでも内容がわからない!) 寮で深夜に一人でよく泣いていました。

教授陣が教育熱心だったことで、かなり助けられました。勉強ができないなりに、毎週教授のオフィスに質問に行って、質問をしていたら、教授たちは私が授業に追いつくために必要な知識やリソースを提供してくれました。

ハノーバーの多くの教授は生徒の努力も最終成績に反映してくれるので、私の場合も一学期目の最終成績のうち5%は努力点で上げてもらったのではないだろうか、とさえ思います。大きい総合大学に進学した友人たちに聞くと、そんな教授の慈悲は体験したことも聞いたこともほとんどない、と言います。

 

ハノーバーは生徒に学業面ではプレッシャーを与えますが、それにしっかり受け止めて自分から頑張ろうとすれば、その分周りからの助けを得られる大学です。そこがハノーバーの素敵なところだと私は感じます。

 

Thank you for reading! and see you soon.
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村
↑クリックで応援して頂けると嬉しいです!

 

1 Comment

Leave a Comment

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s